Bond Pluribus Napa Valley 2014

The aromas seem so closely tied with the youth of this wine, primary in evolution, but not detail.  On the palate there is a burst of energy while the mid-palate has depth and a multi-layered finish.  Though Pluribus is often racy and more primal, this year it seems almost civilized.  Its normal edge has been softened, yet still hides layer upon layer that will undoubtedly appear in due time.

ボンド プルリバス ナパ・バレー 2014

香りは、若いがゆえにまだまだ閉じている感じ。発展途中といえる。口中ではエネルギーがはじけ深みが加わり、何層にもわたる風味が余韻へと続いていく。よく活発で野生的と言われるプルリバスだが、このビンテージはちょっと上品な感じさえする。いつもならある角が取れて丸くなっているが、時間が経つにつれて、まだまだ隠れている層の異なる風味がどんどん現れてくるに違いない。