Bryant Family Bettina Red Napa Valley 2012

The Wine Advocate - "The seductive 2012 Proprietary Red Bettina offers up a more Margaux-like femininity compared to the overwhelming power and richness of the Bryant Family Vineyard Cabernet Sauvignon. This wine is a blend sourced from three of David Abreu’s vineyards – Madrona, Thorevilos and Lucia. Notes of Christmas fruitcake, underbrush, blackcurrants, black cherries, licorice and spice box emerge from this complex 2012. At this stage, it is more evolved and aromatically satisfying than the pure blue and black fruits of the Cabernet Sauvignon. Full-bodied and opulent with impeccable balance as well as purity, this wine is already hard to resist because of its surprising complexity and poise. Drink it over the next 15-20 years."

ブライアント・ファミリー ベティーナ 赤 

ナパ・バレー 2012

超カルトと言われるブライアント・ファミリーの「ベティーナ」をやっとのことで入手しました。カベルネ・ソービニオン、メルロー、カベルネ・フラン、プチ・ベルドーのプロプリエタリー・ブレンドワインです。

以下はワイン評論界の第一人者、ロバート・パーカー氏の評価です

「ブライアント・ファミリーの非常に力強くて豊潤なカベルネ・ソービニオンに比べると、この魅惑的なプロプリエタリーの赤ブレンドはフランスのマルゴーのワインような女性的な感じがある。ブドウはデービッド・エーブニュー氏の3つの畑(マドローナ、トレヴィロス、ルシア)から。この複雑感豊かなワインからはクリスマスのフルーツケーキや下草、ブラック・カラント、ブラック・チェリー、リコリス、スパイス・ボックスの香りが立ち上がってくる。黒色系青色系フルーツのピュワーな香りがするカベルネ・ソービニオンに比べると、今の時点ですでにこのワインの方が発達した感があり香り的にも満足感が得られる。フルボディーで豊潤。バランスやピュアーさは完璧。すでにその驚くべき複雑感と華やかさは拒みがたく、すぐにいただきたくなってしまう。あと15年から20年は飲み頃が続く。」96