Caymus Cabernet Sauvignon Napa Valley 2015

Caymus Vineyards has made Cabernet Sauvignon from the Napa Valley since the winery was founded in 1972. Charles F. (Charlie) Wagner, his wife Lorna Belle Glos Wagner and their son Charles J. (Chuck) Wagner built their winery among vines planted on the family's ranch in Rutherford, a district long recognized for producing high-quality Cabernet Sauvignons.
Charlie Wagner planted most of the Cabernet vines in the mid 1960s, before this variety was universally considered the "king" of Napa Valley wines. He acquired the loose-clustered, intensely flavored clone he planted from Nathan Fay, a well-known grower in the Stags Leap area. "I liked the character of Nate's wine, and he told me to help myself if I wanted some budwood," Charlie explained. "He was a generous man, and he knew I wouldn't injure his vineyard."
For both the Napa Valley and Special Selection bottlings, the goal is a balanced wine that tastes delicious when bottled but can improve with age. Chuck Wagner attributes the quality of the wines to farming and winemaking techniques developed over the decades.

ケイマス カベルネ・ソービニオン ナパ・バレー 2015

ケイマス・ビンヤードは1972年の創設以来ずっとカベルネ・ソービニオンを造り続けています。チャーリー・ワグナー氏が妻と息子の三人で、高品質のカベルネ・ソービニオンの産地として伝統のあるナパバレーのラザフォードにある自社畑にワイナリーを建設したのがはじまりです。
ワグナー氏がカベルネを植栽したのは1960年代の半ば、カベルネがナパ・バレー・ワインの「王」として世に知られるずっと以前のことです。同じナパバレーのスタッグス・リープ地区でワイン用ブドウの栽培家として知られていたナッサン・フェイ氏から譲り受けたクローンを植栽してはじめました。ワグナー氏はそのことを今でもフェイ氏に大変感謝していると言います。
ケイマスのワインは、瓶詰め時ですでに美味しく、また時を経るにつれてさらに良くなるようなバランスの良いワインであることを目標に造られています。ワグナー氏が長年にわたって研鑽してきた質の良いブドウを育てる技術、高品質のワインを造る技能が顕著に現れています。