• Checkout
  • Cart (0)
  • Shipping
  • 日本語の ワインショップへ

Chateau Montelena Riesling Potter Valley 2016

Chateau Montelena's rich history began in 1882 with the purchase of 284 acres at the base of Mount Saint Helena (two miles north of Calistoga), by San Francisco entrepreneur, Alfred Tubbs. By 1896 his winery, christened Chateau Montelena (a contracted form of Mount Saint Helena), was the seventh largest in the Napa Valley.
Many years later the renaissance of Chateau Montelena Winery began with the leadership of Jim Barrett. Jim made his first wines in 1972 and decades later, this celebrated family-owned winery continues to thrive with Jim Barrett and his son Bo Barrett.
Pale gold in color, this Riesling opens with floral aromas of honeysuckle and candied orange, layered with pear, spicy honey, and rich Charentais melon. The palate shows a nice smooth entry; full and round, but not heavy, with good crisp acidity. Flavors of lemon zest and tart mandarins lead the way and are followed by light stone fruits, honey, and poached pear - all rounded off with a warm, subtle, spicy finish. 
シャトー・モントレーナ リースリング 
ポッター・バレー 
2016
シャトー・モントレーナの豊かな歴史は、1882年、サンフランシスコの実業家アルフレッド・タブ氏が284エーカーの土地をセントヘレナ山(マウント・セント・ヘレナ)のふもと(カリストガから北へ2マイル)に購入した時にはじまった。このシャトー・モントレーナ(マウント・セント・ヘレナの短縮形)と呼ばれたワイナリーは、1896年までにはナパバレーで7番目に大きいワイナリーにまでなっていた。
長い年月を経た後、シャトー・モントレーナ・ワイナリーの復興がジム・バレット氏の指揮で始まった。バレット氏がはじめてワインを造ったのは1972年。その後何十年にも渡って、ジム・バレット氏と氏の息子ボー・バレット氏を中心に、この家族経営のワイナリーは繁栄し続けている。
淡い金色。ハニーサックルや砂糖漬けオレンジの香りで始まる芳香は、洋ナシやスパイシーな蜂蜜、シャランタイス・メロンの香りが層を成す。口当たりはスムースで心地よい。豊潤でまろやかだが重くはない。きびきびした酸味も心地よい。レモンやタルト・マンダリンの風味に核菓類やハニー、ポーチド・ペアの風味が、やがて暖かくてスパイシーで繊細な余韻へとつながっていく。