CJ Melka Cabernet Sauvignon Napa Valley 2013

Philippe Melka spent his youth in Bordeaux, France, earning a geology degree from the University of Bordeaux. He began his wine journey at the famed Chateau Haut Brion in Bordeaux. Yearning to know more, he set out for NapaValley (Dominus Estate), Western Australia (Chittering Estate), Chianti in Italy (Badia O Coltibuono) and Bordeaux (Chateau Petrus) where he divided his time between soil study and winemaking.

Named one of the top 9 wine consultants in the world by Robert Parker, Philippe is involved with some of the top wineries in the world today as well as the proprietor and winemaker of his own label, Melka Wines. 

 CJ is an acronym for his two children, Chloe and Jeremy and was first produced in 1996. The vineyards that contribute to CJ are 100% NapaValley, ranging from Coombsville to Calistoga. Plentiful aromas of dark cherry, cassis, tobacco with ripe, sweet fruit abound.  This full-bodied wine is extremely lush and vibrant - with hints of spice and tar layered in between and possessing powerful, soft tannins.  The finish is dense and long.

シー・ジェー・メルカ カベルネ・ソービニオン ナパ・バレー 2011

フィリップ・メルカ氏は若い頃をフランスのボルドーで過ごし、ボルドー大学で地質学の学位を取得。ワイン業界への旅はボルドーのあの有名なシャトー・オー・ブリオンから始まる。向学心からナパバレー(ドミナス・エステート)、オーストラリア西部(チタリング・エステート)、イタリアのキアンテ(バディア・ア・コルティブオー)、ボルドー(シャトー・ペトリュス)と渡り歩き、土壌の研究とワイン醸造に日々を費やす。

ワイン評論界の第一人者、ロバート・パーカー氏にワイン・コンサルタント世界のトップ9の一人に選ばれ、今日ではいくつもの最優良ワイナリーでコンサルタントを務めるほか、経営者/ワイン醸造家としてメルカ・ワインを経営し自身のラベルでワインもリリースしている。

 シー・ジェー(CJ)は彼の二人の子供(Chloe Jeremy)の頭文字からとったもの。1996年が初ヴィンテージ。クームスビル地区からカリストガ地区までナパバレー全体から選りすぐったブドウを使用。甘いフルーツの芳香にダークチェリーや黒スグリ、タバコが大きく香る。フルボディー。非常に豊潤で活気に満ちている。力強くてしかもまろやかなタンニンの層の間にスパイスやタールが微かに漂い、濃厚な余韻が長く続く。