Far Niente Cabernet Sauvignon Oakville Napa Vallley 2015

Far Niente was founded in 1885 by John Benson, a forty-niner of the California gold rush and uncle of the famous American impressionist painter, Winslow Homer. Far Niente prospered until the onset of Prohibition in 1919, when it was abandoned and left to fall into disrepair. Sixty years later, in 1979, Gil Nickel purchased the winery and adjacent vineyard and began a three-year restoration of the property. During restoration, the original name, Far Niente, from an Italian phrase that romantically translated means "without a care," was found carved in stone on the front of the building where it remains to this day.Far Niente Cabernet Sauvignon is produced exclusively from grapes grown in the Oakville AVA of Napa Valley. The primary source of fruit is the Martin Stelling Vineyard, located behind the winery at the base of the western hills of Oakville. Far Niente follows organic and sustainable methods in farming and winemaking, and the winery is a net-zero, solar-powered historic landmark building.The 2013 Cabernet Sauvignon offers intense aromas of ripe blackberry and boysenberry layered with baking spices and licorice. The entry is full and juicy with a velvety middle palate. Dark, mocha flavors emerge on the long finish with chewy, coating tannins.
ファー・ニエンテ カベルネ・ソービニヨン
オークビル
ナパ・バレー
2015
ファー・ニエンテは1849年のゴールドラッシュでカリフォルニア(California)に来た49er'sの一人ジョン・ベンソン(John Benson)氏によって1885年に創設されたワイナリー。氏はアメリカの有名な印象派画家ウィンスロー・ホーマー(Winslow Homer)氏の叔父でもある。ファー・ニエンテの繁栄は1919年の禁酒法の発効とともに終わりを告げ、ワイナリーは廃墟と化した。それから60年。1979年、ジル・ニッケル(Gil Nickel)氏がワイナリーとそれに隣接するビンヤードを購入し、3年の月日をかけて復元。復元中、元来の名称であるファー・ニエンテ(イタリア語で「憂いなし」の意)が刻まれている石を建屋の玄関で発見。石は今日でも同地にある。 ファー・ニエンテのカベルネ・ソービニヨンはナパ・バレー(Napa Valley)のオークビル地区で栽培したブドウだけを使用。そのほとんどはワイナリーの裏(オークビルの西側の丘の麓)にあるマーチン・ステリング・ビンヤードからのもの。有機で持続可能な農法、ワイン作りを実践し、歴史的建造物である建屋で使用する電気もすべて太陽発電でまかなっている。 2013年のカベルネ・ソービニヨンは熟したブラックベリーや ボイゼンベリーがベーキング・スパイスやリコリスと層を成して情熱的に香る。コクがありしかもみずみずしくベルベットのように滑らかな口あたりの後、ダーク・モカの風味が現れる。余韻は腰のある口全体を覆うようなタンニン。