Far Niente Chardonnay Napa Valley 2016

Far Niente was founded in 1885 by John Benson, a forty-niner of the California gold rush and uncle of the famous American impressionist painter, Winslow Homer. Far Niente prospered until the onset of Prohibition in 1919, when it was abandoned and left to fall into disrepair. Sixty years later, in 1979, Gil Nickel purchased the winery and adjacent vineyard and began a three-year restoration of the property. During restoration, the original name, Far Niente, from an Italian phrase that romantically translated means "without a care," was found carved in stone on the front of the building where it remains to this day.

Far Niente Chardonnay is a blend of superlative Napa Valley vineyards, many of which are located in a little-known area called Coombsville, a cool growing region nestled in the rolling countryside and protected by the hills east of the city of Napa. Coombsville offers the characteristic climate of Carneros, with less wind, along with deeper, well-drained gravelly loam and volcanic ash soils. The combination of these spectacular vineyards results in the subtle, tropical flavors, complex aromas and uncommon richness that we have long associated with Far Niente Chardonnay. 

This wine offers aromas of Meyer lemon, honeysuckle and melon layered with toasted hazelnut and nutmeg. The entry is oily, long and silky with clean, bright acidity and fresh, tropical fruit flavors supported by sweet toasted oak. 100% barrel fermented, no ML, aged for 10 months sur lie in French oak.

ファー・ニエンテ シャルドネ ナパ・バレー 2016

ファー・ニエンテは1849年のゴールドラッシュでカリフォルニア(California)に来た49er'sの一人ジョン・ベンソン(John Benson)氏によって1885年に創設されたワイナリー。氏はアメリカの有名な印象派画家ウィンスロー・ホーマー(Winslow Homer)氏の叔父でもある。ファー・ニエンテの繁栄は1919年の禁酒法の発効とともに終わりを告げ、ワイナリーは廃墟と化した。それから60年。1979年、ジル・ニッケル(Gil Nickel)氏がワイナリーとそれに隣接するビンヤードを購入し、3年の月日をかけて復元。復元中、元来の名称であるファー・ニエンテ(イタリア語で「憂いなし」の意)が刻まれている石を建屋の玄関で発見。石は今日でも同地にある。

ファー・ニエンテ・シャルドネはナパバレーのいくつかの銘醸畑からのブドウのブレンド。多くは、あまり知られてはいないクームスビルという地区から。うねる山々の間に点々とひそかにたたずむ冷涼なビンヤードはナパ市の東に位置する丘によって守られている。クームスビルはカーネロス地区に似ているが、カーネロスほど風はなく、土壌も深く、水はけの良い砂利交じりのローム層と火山灰からなる。素晴らしいコンビネーションを持つビンヤード。その結果が、ファー・ニエンテのシャルドネに代表される、トロピカルフルーツの香りが微かに漂う複雑な芳香と卓越した豊潤さとなっている。

このワインは、メイヤー・レモンやハニーサックル、メロンの香りが、トーストしたヘーゼルナッツやナツメグの香りと層をなして香る。アタックはとろりとしていて絹のようになめらか。さわやかで鮮やかな酸味とトロピカル・フルーツの風味。トーストした甘いオークの香りがこの風味をさらに引き立てている。樽発酵100%。マロラクチック発酵はしていない。フレンチオーク樽で11ヶ月間シュール・リー。