Honig Cabernet Sauvignon Napa Valley 2014

In 1964, Louis Honig purchased a 68-acre ranch in the heart of the Napa Valley and planted it with Sauvignon Blanc and Cabernet Sauvignon grapes selling his grapes to neighboring wineries with dreams of one day producing his own wine.
In 1981, as a tribute to his legacy, the family rallied together to produce several hundred cases of Louis Honig Sauvignon Blanc in the vineyard's old tractor barn. It was received so well, the Honig Vineyard and Winery was born.
This wine offers plenty of ripe, wild berry and plum aromas and flavors, framed by vanilla, spice, and toasty oak. Lush mid-palate tannins flow into a lengthy finish accented by bright fruit.

ホーニッグ カベルネ・ソービニオン ナパ・バレー 2014

ルイス・ホーニッグ氏がナパバレーの中心部に68エーカーの農地を購入したのは1964年のこと。いつか自分のワインを造ることを夢見て、ソービニオン・ブラン種とカベルネ・ソービニオン種のブドウを植栽しブドウを近所のワイナリーに供給した。
そして1981年。そんなホーニッグ氏をしのんで家族が集まって数百ケースのルイス・ホーニッグ ソービニオン・ブランを畑にあるトラクター用の古い納屋で造った。このワインの評判が良く、ホーニッグ・ヴィンヤード・アンド・ワイナリーが生まれた。
香りにも風味にも熟したベリーやプラムがふんだんに漂う。バニラやスパイス、香ばしいオークの香りがさらにそれを引き立てている。豊富なタンニンが口中を覆い、明るいフルーツ感の漂う長い余韻へ誘う。