Joseph Phelps Freestone Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2013

Joseph Phelps, already known for his fabulous iconic Napa Valley Insignia, spent many years searching for an appropriate vineyard site to plant Pinot Noir and Chardonnay, and in 1999, along with his family and management team, purchased approximately 100 acres on the Sonoma Coast near Freestone, California.
The Sonoma Coast maritime air, perfect for these varietals, is often chilly, with morning overcast and low-lying fog giving way to warm afternoon sun that produces a long growing season. 
This wine opens up with a bright bouquet of red cherries and summer berries, black pepper, cassis and sweet vanilla. Dark red cherries, tobacco and leather wrap around the palate. This is a very fruit-forward and balanced Pinot Noir with a creamy mouthfeel and silky texture.

 

ジョセフ・フェルプス フリーストーン・ビンヤード 

ソノマ・コースト ピノ・ノワール 2013

超優良ワインの代名詞とも言えるナパバレー・インシグニアで知られるジョセフ・フェルプス氏。その氏がピノ・ノアールとシャルドネを栽培するビンヤードに適した土地を求めて何年も探し回った後、氏の家族とマネージメント・チームと協力して、ついにカリフォルニア州のフリーストン近くのソノマ・コーストに約100エーカーの土地を購入したのは1999年のこと。ソノマ・コーストの海洋性の気候はこの2種のブドウの栽培には最適。ちょっと冷え込むことも多く、午前中の曇や低く立ち込める霧が午後には晴れて暖かくなり、ブドウがじっくりと時間をかけて熟す。
レッドチェリーや夏のベリー類、黒胡椒、カシスのブーケに甘くバニラも香る。ダークチェリーやレッドチェリー、タバコ、皮革の風味が口中に広がる。フルーツ感豊かでバランスの取れたワイン。口当たりもクリーミーで絹のように滑らか。