Mt. Veeder Winery Cabernet Sauvignon Napa Valley 2014

Resembling a giant staircase, Mount Veeder's vines are planted on wide terraces of earth cut into steep slopes. At elevations of 1,000 to 1,600 feet, the microclimate is very different from the Napa Valley floor. Above the fog bank, exposed to the gentle morning sun and protected from the afternoon heat by the surrounding mountains, grapes on these vines ripen slowly and evenly. And in autumn, the mountain's cool days and warm nights mean extra hang time.
Vibrant and concentrated aromas, showing lush layers of blueberry, black cherry, bay, and ripe plum. Subtle earthy and smoky notes add complexity, along with hints of anise, rosemary and violets.The dense, rich entry shows a melange of ripe dark berries, plum and savory spice. Powerful and layered, the robust body and velvety texture highlight the dense, integrated structure. Abundant dark forest berry, cherry, cocoa, and bay linger on the finish.

マウント・ヴィーダー・ワイナリー 
カベルネ・ソービニオン ナパ・バレー 2014
マウント・ヴィーダー・ワイナリーのデヴューは、1973年のカベルネ・ソービニオン。以来、ビンヤードをマヤカマス・マウンテンの高所3ヶ所に展開し、このユニークな栽培地を真に表現する力強く大胆なワインを造り続けている。ビンヤードは、坂のきつい両側の斜面を切り込むように作られた、巨大な階段にも似た段々畑。標高は1000フィートから1600フィート。ナパバレーの平地部とはまったく違う微気候。霧峰の上、穏やかな朝日。回りの山々のおかげで午後も涼しい。ブドウはゆっくりと均等に熟す。秋は、昼間は涼しく夜は暖かいという山岳部特有の気候のせいで、ブドウをしばらく摘み取らずに残しておいてゆっくりと熟させることができる。ブルーベリーやブラックチェリー、ベイリーフ、完熟プラムの凝縮感のある芳香が鮮やかに香り、アニスやローズマリー、スミレを思わせる香りが微妙なミネラル感や香ばしさととも複雑感を増している。口当たりには熟したダークベリーやプラム、スパイスが豊潤に漂う。力強いが舌触りはあくまでなめらか。ダークベリーやチェリー、ココア、ベイリーフの風味が余韻にまで続く。