Obsidian Ridge Cabernet Sauvignon Red Hills Lake County 2013

Planted 2,600 feet high on the Mayacamas range north of Napa Valley, Obsidian Ridge Vineyards grows mountain fruit. The steep slopes at this altitude are reddened by iron rich volcanic soils and littered with black shards of obsidian. Here in the Red Hills of Lake county the distinctive soils and mountain climate grow varietally vibrant and powerfully structured Cabernet Sauvignon.

This rich example of high-altitude Cabernet Sauvignon begins with intense aromas of wild blackberries and ripe red plums. Hints of roasted coffee, cinnamon sugar cookies and clove add to the bouquet. The palate is warm and inviting with notes of dried cherries, fresh blackberries and dark chocolate. These generous flavors linger with dusty spiciness, and the wine is supported by bold tannins that suggest this wine will develop gracefully in the cellar for over the next five to ten years.

 

オブシディアン・リッジ カベルネ・ソービニオン レッド・ヒルズ レーク郡 2013

ナパバレーより北部のマヤカマス山地の標高2600フィートの地で、オブシディアン・リッジはブドウを栽培している。傾斜は急で、鉄分豊富な火山性土壌。ちあらほらと黒曜石(オブシディアン)のかけらが混ざっている。畑の名はレッド・ヒルズ。ナパ郡の北隣、レーク郡に位置する。特徴ある土壌と山岳地の気候のおかげで、活力のある力強いカベルネ・ソービニオンが育つ。

高山地産のカベルネ・ソービニオンの良い例と言えるこのワインは、野生のブラックベリーや熟したレッド・プラムの香りが大きく香る。ローストしたコーヒーやシナモン・シュガー・クッキー、クローブも微かに漂う。ドライ・チェリーや摘み立てのブラックベリー、ダークチョコレートを思わせる風味は暖かで魅惑的。この豪華な風味にはスパイスも埃のように漂う。タンニンは力強く、このワインが5年から10年寝かせても優雅に熟成するだろうことを物語っている。