• Checkout
  • Cart (0)
  • Shipping
  • 日本語の ワインショップへ

Opus One Oakville Napa Valley 2015

Château Mouton Rothschild winemaker Lucien Sionneau and Robert Mondavi’s son Timothy made the partnership’s first vintage at the Robert Mondavi Winery in 1979. The following year the partners officially announced their joint venture.
In 1981 a single case of the joint venture wine sold for $24,000 at the first Napa Valley Wine Auction – the highest price ever paid for a California wine. In 1982 Robert Mondavi and Baron Philippe de Rothschild began label design. The partners agreed to choose a name of Latin origin for the joint venture, allowing for easy recognition in both English and French. Baron Philippe announced his choice, “Opus,” a musical expression denoting the first masterwork of a composer. Two days later he proposed an additional word: “Opus One”.

オーパス・ワン オークビル ナパ・バレー 2015  
シャトー・ムートン・ロートシルトの醸造家ルシエン・シノー氏とロバート・モンダビの息子、ティモシー氏が組んで、初めてロバート・モンダビ・ワイナリーでワインを造ったのは1979年のこと。その翌年、2人はジョイントベンチャーを正式に発表した。 
そして1981年、そのジョイントベンチャーから生まれたワインわずか1ケースは、ナパバレー・ワイン・オークションで$24000で落札。カリフォルニア・ワインとしては当時の最高値を記録した。1982年にはロバート・モンダビ氏とバロン・フィリップ・ド・ロートシルト氏がラベルのデザインに取り掛かった。英語でもフランス語でも分かりやすいという理由で、2人はラテン語起源の名前にすることで合意。ロートシルト氏が、まず、作曲家が作る初めての傑作楽曲を意味する音楽用語である「オーパス」という名を提示。その2日後、同氏がさらに「オーパス・ワン」の名を提示した。