• Checkout
  • Cart (0)
  • Shipping
  • 日本語の ワインショップへ

Orin Swift Eight Years in the desert Red California 2019

Delivers notions of stewed plums, baked raspberries and fruitcake with hints of powdered cinnamon, clove oil, tree bark, hoisin and dusty soil. Medium to full-bodied, the palate is chock-full of ripe, spicy black and red fruits, supported by chewy tannins and tons of freshness, finishing long and earthy.

オリン・スウィフト エイト・イヤーズ・イン・ザ・デザート 
赤 カリフォルニア 2019
プリズナーを売却後、オリン・スウィフトのデーヴ・フィニー氏が契約で8年間作れなかったジンファンデールを主とした赤ブレンドを新ラベルにてリリース。煮込んだプラムや焼いたラズベリー、フルーツケーキを思わせる香りにはシナモンやクローブオイル、木の幹、土の香りも微かに漂う。ミディアムとフルの中間。口中ではスパイシーで熟した黒色赤色系果実味が嚙み応えのあるタンニンとふんだんなさわやかさに乗って大きく広がる。長い余韻には土の香りも漂う。alc, 16.1%