Pride Cabernet Franc Sonoma/Napa 2013

Agriculture is in the Pride family's blood. The Pride's purchase of historic Summit Ranch atop Spring Mountain in 1989 and its subsequent development was the culmination of a lifetime of farming for Jim and Carolyn Pride. Jim passed away in August of 2004 after a long battle with cancer, yet his commitment to quality and his vision for Pride Mountain Vineyards is carried forward by Carolyn Pride and their two grown children, Suzanne Pride Bryan and Steven Pride.
The Pride family's iconic Summit Ranch has a rich winemaking history dating back to 1869. Pride has two separate facilities, one in Napa County and one in Sonoma County, with the division down the center of the crush pad, hence the Napa/Sonoma designation.

Dark penetrating nose of sweet plums and blueberries, moist tobacco and spring acacia flowers. A rich, full, comforting mouthfeel of pure silky pleasure. The flavors evolve from creamy plum flan to more complex hints of tobacco, cedar and incense.

プライド カベルネ・フラン ソノマ/ナパ 2013

プライド家の家系に流れるのは農業の血。プライド家のジムとキャロラインがスプリング・マウンテンの頂上にある由緒あるサミット・ランチの土地を購入したのは1989年。その後、農地の改善/耕作にに心血を注いできた。癌での長い闘病生活の末、2004年8月にジムさんが亡くなった後も、彼の品質へのこだわりやプライド・マウンテン・ビンヤードのビジョンは妻のキャロラインさんやすでに大人になっている子供2人(スザンヌさんとスティーブさん)にしっかりと受け継がれている。
プライド家を代表するサミット・ランチのワイン造りの歴史は長く、1869年にまでさかのぼる。プライドはナパ郡側とソノマ郡側にそれぞれ別々の施設を持ち、郡の境界線が圧搾機の中央を横切っている。そのため、ワインはナパ/ソノマ指定となっている。
甘いプラムやブルーベリー、湿ったタバコ、春に咲くアカシアの花の香りが深く香る。豊潤でフルボディー。絹のように滑らかな口当たりが楽しい。クリーミーなプラム・プリンのような風味がタバコやスギ、リコリスの漂う複雑な風味へと膨らんでいく。