Quintessa Red Wine Rutherford Napa Valley 2012

Quintessa is comprised of a total of 280 acres of which 170 acres are planted to the classic Bordeaux grape varieties in 26 vineyard blocks as follows: Cabernet Sauvignon (129 acres), Merlot (26 acres), Cabernet Franc (7 acres), Petit Verdot (4 acres), and Carmenere (4 acres). The estate includes a valley, a lake, a river; five hills, four microclimates, and many soil types, as well as rich flora and fauna. The diversity of exposure, elevation, and microclimate and soil type produces 40 very different wines lots from the 26 different vineyard blocks. We believe the diversity of the property (Valleys, Terraces, Hilltops, Foothills and Riverside) contribute to the high quality and uniqueness of the fruit.
This wine opens with fragrant plum and raspberry aromas with notes of cola, clove and white chocolate rounding out a delicate perfume. The wine enters the palate with sweet red currant and plum fruit flavors and a silky mouthfeel. As it coats the mouth, concentrated dark fruit flavors emerge with succulent balanced tannins, a subtle impression of well-integrated oak and sweetness from the rich, ripe fruit.

クインテッサ 赤ワイン ラザフォード 

ナパ・バレー 2012

クインテッサの地所は全体で280エーカー。そのうちの170エーカーを26のブロックに分けて伝統的なボルドー系のブドウ樹を栽培している。内訳は、カベルネ・ソービニオン(129エーカー)、メルロー(26エーカー)、カベルネ・フラン(7エーカー)、プチ・ベルドー(4エーカー)、カルメネール(4エーカー)。地所内は谷あり、川あり、湖あり。丘が5つ、微気候は4種類、土壌は多種に及び、幾多の動植物が生息する。日照や高度、微気候のタイプ、土壌の種類は多様で、26のブロックに分けた畑から40の異なる単位(ロット)でワイン造りをしている。地所の多様性(谷や段々、丘の上、丘の麓、川沿い)が高品質でユニークなブドウにつながっているのだろう。
コーラやクローブ、ホワイトチョコレートが微かに漂うプラムやラズベリーの香りが、やがて繊細な芳香へと落ち着いていく。口当たりは甘い赤スグリやプラムの風味が絹のように滑らか。凝縮感のある黒色青色系のフルーツの風味が、ジューシーでバランスの取れたタンニンといっしょに口中に広がってくる。良く統合されたオークや豊潤で熟したフルーツからくる甘さのようなものもわずかに味わえる。