Seghesio Family Vineyard Zinfandel Sonoma 2014

Edoardo Seghesio planted his first Zinfandel vineyard in Sonoma County's Alexander Valley in 1895. Since then, four generations of the Seghesio family have tended vineyards in Alexander, Dry Creek and Russian River Valleys. In 1983, Seghesio bottled its first wines under the family label.
Briary black raspberry with dried sage and wild berry aromas and tightly wound cracked pepper, dried cherry and licorice flavors.

セゲーシオ・ファミリー・ビンヤード 

ジンファンデール ソノマ 2014

エドアルド・セゲーシオ氏がソノマ郡のアレキサンダー・バレーにあるビンヤードにジンファンデールをはじめて植栽したのは1895年。以来、セゲーシオ家は4世代にわたって、アレキサンダー・バレーやドライ・クリーク、ロシアン・リバー・バレー(いずれもソノマ郡)でビンヤードの世話をしている。セゲーシオという名で初めてワインをリリースしたのは1983年。
ブラック・ラズベリーの香りにドライ・セージや野生のベリーが漂う芳香。砕いた胡椒やドライ・チェリー、リコリスの風味が絡みあう。