Venge Cabernet Sauvignon Bone Ash Vineyard Calistoga Napa Valley 2013

The Venge (ven-ghee) family has farmed grapes in Napa Valley for nearly a half-century. It is a journey that began when Knud Venge migrated from Denmark to the United States in the early 1900's.
Current winemaker Kirk Venge, Knud's great-grandson gravitated to winemaking at an early age. He proved to be as talented a winemaker as his father, Nils, making wines in his own style, with a vision to build his own legacy in the valley. In 2008, Kirk achieved his lifelong dream and acquired full ownership of Venge Vineyards from his family. Today, Kirk continues the Napa Valley heritage, focusing on select vineyard sites that produce fruit worthy of bearing the Venge family name.
This wine fills the sense with the aromas of blue and black berries, fruit preserves, and jelly jar notes.  As this wine opens up, the background notes of vanilla and soil come forth. The palate is polished and sophisticated.  Currant, cranberry, blackberry and black cherry are all interwinded. The acid and tannin balance is youthfull and promising.

ヴェンギー カベルネ・ソービニオン 
ボーンアッシュ・ビンヤード 
カリストガ ナパ・バレー 2013

ヴェンギ家がナパバレーでブドウ栽培を始めてすでに半世紀ほど経つ。一家の旅はナッド・ヴェンギ氏がデンマークからアメリカへ移民した1900年代初めごろまで遡る。現在の醸造家であるカーク・ヴェンギ氏(ナッド氏の曾孫)は若いころからワイン造りに惹かれ、ナパバレーで自分流の伝統をつくるというヴィジョンをもった独自のスタイルのワイン造りで、父であるニール氏同様、才能ある醸造家であることを証明している。2008年には念願の当主となり、今日では、畑から区画を厳選し家名を背負うにふさわしいブドウの栽培に専心している。
ブルーベリーやブラックベリー、ジャム、ジェリージャーが大きく香る。ワインが開いてくると、さらにバニラや土の香りが漂ってくる。非常に洗練されたワイン。風味にはカラントやクランベリー、ブラックベリー、ブラックチェリーが絡み合って香る。酸味とタンニンのバランスからして長期熟成していくワインであることが良く分かる。